Mono-ROM 3

機体写真

Mono-ROM3 (モノロムスリー) 機体写真

仕様など

制作者 車体: 鵜沼晋作
回路,プログラム: 浅野喬之
CPU ルネサスエレクトロニクス SH/7125 @48MHz
モータ 駆動用: maxon RE-Max 21(グラファイトブラシ) with MRエンコーダ x 2
操舵用:maxon RE-Max 21(グラファイトブラシ)
センサ ラインセンサ:(TLN108F + TPS601A) x 3
マーカセンサ:(TLN108F + TPS601A) 各1組
バッテリ ロジック: Tahmazo LiPo 2s1p 240mAh
モータ: Tahmazo LiPo 3s1p 360mAh
サイズ 220 x 150 x 65mm
重量 450g (バッテリ含む)

出場大会・成績

大会名 結果
第24回 全日本学生マイクロマウス大会 リタイア
マイクロマウス2009 ロボトレース競技予選 10秒834 → 決勝進出
マイクロマウス2009 ロボトレース競技決勝 リタイア

コメント

Mono-ROM 3代目。Mono-ROM2がいないのはいろいろと事情があったんですorz
前年度から車体設計を鵜沼君にお願いして作っていただきました。
当初はアッカーマンリンクだったのを操舵角が小さいのを理由に平行リンクへ変更。後輪の駆動モータはソフトウェアでのデフを考えていたので1輪1モータにしました。
マイコンボード、モータドライバを統合してメインボードを設計、外注したものを搭載。
センサー基板はNCで切削。
鵜沼君にいろいろ無理言っちゃったなぁ…。

いやぁ、やっぱFRPは塗装せんとあかんねぇ。

戻る